sony α7iiiで右手の小指の位置が定まらない人へ

ガジェット
自己紹介

年間通販サイト100アイテム以上購入し、良いアイテムも悪いアイテムも世間に発信することを使命としてブログをやっているコスパ太郎

α7シリーズってグリップ小さくないですか??

α6000も小さかった

突然ですが、ミラーレス一眼がだいぶ普及してきて
私もα7iiiをゲットした一人です。

このSONYのαシリーズ全般に言える事ですがちょっとグリップ小さくないですか???

sony HPより

私は成人男性で手も大きいほうなので今回紹介するグリップエクステンションが無いと、

どうにも右手の小指の位置が定まらなくて気持ち悪いのです。

ミラーがレスになってせっかくコンパクトにしているのに
わざわざ付属品を付けて巨大化させるのは、

時代の流れに逆らっているようでなんだか申し訳ない気持ちにもなるのですが…

そんなこと言っていても小指が気持ち悪いのは
放置できないので今回購入した商品を紹介しましょう!!

対策するために購入したもの

早速ですがこちらが今回購入したグリップエクステンションです。

この手の商品は、純正品くらいしか実店舗に置いていないので
もちろん私はAmazonで購入しました。

それではこちらのグリップエクステンションについて
買ってよかったところと、買ったら後悔しそうな人を説明していきます。

このグリップエクステンションの良いところ

買ってよかったところ
  • 手が大きい人でももう小指の位置の心配が要らない!!
  • 純正のグリップエクステンションに比べてカメラを置いた時の安定感が良い。
  • 三脚がアルカスイスタイプだとクイックシューが不要。
  • 色のアクセントがつけられる。
  • ねじが切ってあるのでアイデア次第でさらなる拡張性がある。
  • 意外と擦りやすい角がガードできる。
  • LA-EA4との相性が意外と良かった。

手が大きい人でももう小指の位置の心配が要らない

まずこれが今回購入した一番の目的です。

御覧の通り、小指1本分くらい高さが増えますので手の大きい人にも安心のサイズ感に早変わり。

グリップエクステンション

実は私はα7iiiの他に一眼レフのnikon D750も所有しているのですが、

D750と同等の握り心地になって満足しています。

類似品の注意点

ちょっと注意点です、このような商品は意外と調べるとHITするのですが、
他のグリップエクステンションだと、

本来のグリップよりも飛び出た位置にエッジが来るものがあるので、

私は本来のグリップと同じ厚みのこの商品を購入しました。

純正のグリップエクステンションに比べてカメラを置いた時の安定感が良い

意外な事実ですが、このグリップエクステンションはSONYにも
純正のオプションとして販売されています。

ただし形状がちょっと…

こちらが純正のグリップエクステンションです。

SONY純正オプションのグリップエクステンション

何か気づきませんか??

確かにグリップは延長されて小指が安定しない問題は解決できるのですが、

カメラはちょっと机に置く。なんてことがありますよね??

こちらの純正のグリップエクステンションを付けた状態で机に置いたらどうなるでしょうか?

実際に置かなくても、想像するだけでとっても不安定ですよね….

SONYはこれが売れないと思って適当に設計したのか、

それともグリップエクステンションを使う人は
机にカメラを置いたりしないと思っているんでしょうか?

三脚がアルカスイスタイプだとクイックシューが不要

これ地味に便利な機能なんです。

アルカスイスタイプって何?という方は国際的な
三脚の取り付け部の規格だと思ってもらえれば大丈夫です。

三脚を使ったことがある人のほとんどは、
通常クイックリリース用のプレートをカメラ本体にねじ止めしていると思いますが、
なんとこのグリップエクステンションは
はじめからアルカスイスタイプに工具無のワンタッチでつけられます。

こんな風にアルカスイス互換と書いてありますよね。

この商品はクイックリリース用のプレートが同梱されていますが、

今回紹介しているグリップエクステンションはこのプレートと同じ幅の溝が切ってあります。

底面にアルカスイス

つまり、クイックリリースプレートが最初からついているイメージですね。

実はこのグリップエクステンションのすごいところで、
底面以外にも側面にもこのアルカスイスに取り付けられる溝が切ってあるのです。

側面にもアルカスイス

つまり、縦撮りするときは通常三脚側を90度倒す必要があったのが、
このグリップエクステンションを使えば縦で装着できるのです。

色のアクセントがつけられる

ここまでで散々画像を出しているのでお分かりかもしれませんが、
今回私は赤のグリップエクステンションを購入しました。
もともとカメラが黒一色というのは好みでは無いので赤の指し色が入って満足しています。

個人的な意見ですが、α7シリーズのレンズを取り付けるマウント部の側面の
オレンジの指し色も大変気に入っています。

ねじが切ってあるのでアイデア次第でさらなる拡張性がある

アルカスイスのところで側面の写真をお見せしましたが、
側面にねじ穴が4か所空いています。

私は今のところ使う予定はありませんが、
例えばフラッシュや拡張グリップなどが取り付けたい方には良いのではないでしょうか??

意外と擦りやすい角がガードできる

こちらはケースとしての役割ですね。
どうしてもカメラとなると移動時の擦れや傷などがつきやすいものです。

カメラをキレイに大事に使うために、ガード用のケースとして購入するのもいいかもしれませんね。

LA-EA4との相性が意外と良かった

これはだいぶわかる人が限定的になってしまうかと思うのですが、
そもそもLA-EA4と言われて何のことかわかる方いますかね…

LA-EA4とは、aマウントレンズをEマウントカメラで使用するためのマウントアダプターです。

aマウントのミノルタレンズやトキナーレンズを所有している関係で、LA-EA4も所有しています。

こちらがLA-EA4とミノルタレンズを装着した画です。

LA-EA4とミノルタレンズ装着

なかなか見た目がゴツいですね…

見ていただければわかりますが、なんとLA-EA4と高さがピタッと一致するのです。

このグリップエクステンションが無かったら、LA-EA4のほうが高さがあるので、
レンズが↑に持ち上がった状態で机に置くことになってしまいます。
これまた不安定ですよね…
それも解消してくれているのです。すごいですね。

このグリップエクステンションを買ったら後悔しそうな人

ここからは、購入したら逆に後悔してしまうかもしれない人になります。

該当する方は無理に購入する必要はないかもしれないです。

買ったら後悔しそうな人
  • そもそも手が大きくなく、グリップの大きさに不満を感じていない人
  • カメラの重量を増やしたくない人
  • 3脚を使わない、もしくは使うがアルカスイスタイプを持っていない人
  • SONY純正のオプションしか絶対に使わないと決めている人

そもそも手が大きくなく、グリップの大きさに不満を感じていない人

私は手が大きいので必須ですが、
元々手が小さくて何もつけなくてもグリップに満足している方はそのままで良いかもしれないです。

カメラの重量を増やしたくない人

一応このグリップエクステンションはアルミ製なのでそこまで重量はありませんが、
できるだけ軽くしたい方には重量増になってしまいます。
ですから、重量をなるべく軽くしたい方にもあまりオススメはできないです。

三脚を使わない、もしくは使うがアルカスイスタイプを持っていない人

アルカスイスのお話は先述の通りですが、そもそも三脚を使用しない人にはあまりメリットに感じ無いかもしれないです…

SONY純正のオプションしか絶対に使わないと決めている人

たまにいる方ですが、純正のものしか使わない方もこの商品は選択肢から外れてしまうかもしれません。

ただ、純正のグリップエクステンションは先述の通りカメラの置き方には注意が必要ですが…

最後にもう一度商品のリンクだけ張っておきます。

それではみなさん良いコスパライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました