安いスマートウォッチってどうなの?【失敗したくない人へ】

ガジェット

今回の記事では、実際にamazonで購入した安いスマートウォッチ2本とAppleWatchを比較します。

自己紹介

年間通販サイト100アイテム以上購入し、良いアイテムも悪いアイテムも世間に発信することを使命としてブログをやっているコスパ太郎

そもそも安いスマートウォッチってなに?

実は私自身、applewatch購入前にこちらの2本の格安スマートウォッチを購入しました。

そのため、applewatchを購入したときの感動はなかなかのものでした…

それではapplewatchと大きな差がある格安スマートウォッチですが、

簡単にどういうものなのかご説明します。

私が購入したのは2タイプあります。

一つ目が文字盤が縦長のいかにも”スポーツします”という感じのタイプ。

格安スマートウォッチ1つ目

二つ目がapplewatchと見間違えてしまうような形のタイプです。

格安スマートウォッチ2つ目

いずれもamazonでタイムセールで2000円前後で購入したものです。

試しにamazonでスマートウォッチと調べるとすごい種類のスマートウォッチが表示されるはずです。

AppleWatchとどこが異なるのか

2千円前後の商品と2万円を超える商品の比較はあまり意味がないかもしれませんが、

気になる方もいるかと思うので素直に書くとするならば、

高級感や、ちょっとした細かいところがapple圧勝です。

単純に時計の機能があることや、

心拍やスマホの通知だけ確認したいという方には十分かもしれませんが

applewatchを所有するともう格安スマートウォッチには戻れません。

あくまで今回は、私が所有した格安スマートウォッチとの比較であって、

fossilやhuaweiのようなapplewathに価格帯が迫るスマートウォッチは比較しませんので

そのような期待をしていた方は申し訳ありません。

いまさらのフォローになってしまいますが、

実は格安スマートウォッチにも面白い機能がついているので

ぜひ最後まで御覧ください。

購入してわかった安いスマートウォッチの注意点

ここからは格安スマートウォッチの注意点というか

意外と購入時に気にせず、購入後がっかりするところです。

決定的に違う安いスマートウォッチの充電方式

充電はスマートウォッチの宿命ですので、

使用していくうえで避けては通れない問題です。

applewatchに関しては、

こちらのような充電器を使用して、文字盤の裏と磁石でくっついて充電されます。

それに対して格安スマートウォッチですが、

こちらのタイプは、本体がUSBになっています。

充電端子がベルト内にあるタイプ

充電するたびにバンドを引っこ抜く必要があります。

このスマートウォッチは防水機能もうたっているので、とにかく

バンドを取るのが固いです。

そもそもゆるゆるでは間から水が入ってきてしまうので仕方ないですが…

この固いバンドのせいで、本体側のUSB端子が折れるのではないか?と

充電のたびにひやひやしていました。

続きましてはこちらのタイプです。

専用の充電器を使用するタイプ

このタイプの充電方式は、専用の充電器を使用します。

先ほどのタイプと異なり、本体の端子と充電端子が接触して充電するタイプです。

完璧なように見えますが、実は弱点もあります。

それは、この充電器は専用品で、スペアを購入したくても見つかりません….

その点applewatchはサードパーティー製から純正までスペアが販売されているため、

会社用、家用、外出用とスペアを用意できます。

サードパーティー製のapplewatch充電器

腕振りによる時間表示

スマートウォッチは電池持ちを良くするために、

常に文字盤を表示するのではなく、

何かアクションをするまでは消灯しています。

applewatchは画面タッチ、ベゼル回転などでも画面が表示されますが、

時計として時間を見るときに多用するのが腕振りです。

腕振りといっても大げさに振る必要はなく、

普段時計を見るような持ち上げて前で止めるような動作で反応します。

applewatchでは違和感ないのですが、

こちらのタイプだけは…

反応が悪いほう

なかなか反応が悪く、さらに画面表示されるタイミングもワンテンポ遅れるため、

時間を見るだけなのにやたらと苦労しました。

スポーツタイプの格安スマートウォッチは逆にapplewatchと遜色ないくらいの反応でした。

意外ですよね。

漢字のフォントの違和感

どうしても漢字のフォントとなると、中国語で存在するフォントが優先される傾向にあるようです。

例えばこちらよく見てもらうと、

漢字フォントに違和感

日曜日というフォントですが、若干’曜’の字に違和感がありますよね。

これくらいならいいのですが、

Lineの通知などで見るとところどころ違和感が出てきます。

ちなみにapplewathchはもちろん全く問題ないので、格安スマートウォッチは、

無理やり日本語フォントをぶち込んだということなんでしょうか…

バンドの互換性

applewatchに関しては、純正からサードパーティまで、

材質もスポーツに最適なラバーバンドから、

メタルバンドや本革バンドなど多種多様なバンドがラインナップされていますが、

※どうでもいいですが、私はサードパーティ製のメタルバンド愛用中です。

メタルバンド

これらの格安スマートウォッチには替えのバンドのラインナップは皆無です。

厳密にはあることにはあるのですが、applewatchに比べると驚くほど少ないです。

機能の制約

機能の制約というか、applewatchにはできて、

格安スマートウォッチにはできないことがたくさんあります。

例えば、スマートフォンへの着信をそのまま受けて時計に向けて通話できなかったり、

applePayやsuicaに代表される非接触ICでの支払い機能がなかったり、

追加でアプリを入れらなかったり、

文字盤がはじめからインストールされているものからしか選択できなかったり、

とにかくできないことだらけです。

対応アプリ

applewatchはiphoneの純正アプリで心拍数などは連携可能ですが、

格安スマートウォッチに関しては、それぞれの対応したアプリをインストールする必要があります。

このアプリの完成度ですが、どうしてもapple純正のアプリと比較してしまうと

不親切で、わかりづらく不具合も多いです。

appleのアプリと比較するのはかわいそうではあるのですが…

安いスマートウォッチの良いところ

さんざんここまで格安スマートウォッチの悪いところを書いてしまいましたが、

格安スマートウォッチでもapplewatchよりも良いところがあります。

それが電池持ちです。

私が使ってみた感想として、電池持ちが2日~3日程度ですが、

格安スマートウォッチに関しては、2本とも非常に電池長持ちです。

スポーツタイプのものは1週間くらい持っていました。

ほかにもapplewatchにはない機能もあるんです。

AppleWatchには無いユニークな機能がある

例えばスポーツタイプの格安スマートウォッチですが、

上で紹介した腕振りでの画面の表示で面白い機能があります。

それが、対応アプリから変更可能なのですが、

画面表示させるための腕の振りの強さを2段階から選べるのです。

ちょっと腕を振る動作で画面が表示されるのを防止する機能ですね。

人によって腕振りの速度などは個人差があるはずなので、

この機能はなかなか発想としては面白いなと感じました。

また、この格安スマートウォッチですが、腕振りで画面表示の機能でさらに

面白い機能があります。

それが、夜何時から何時までは腕をいくら振っても画面表示させない。

という機能です。

これは睡眠中に腕を振ることにより画面表示されて電池が消費されるのを防止される機能ですね。

夜更かししているときにふと腕を振って時間を確認しようとしたときに、

時間が表示されないのは始めはびっくりしますが、

アイデアとしてはこちらもなかなか面白いですよね。

また、見た目applwwatchの格安スマートウォッチですが、

体表面温度から、体温を測定する機能がついています。

精度に関しては、まあ普段使う体温計と比較したわけではないので、

なんとも言えないですが、それらしい値は出ていました。

格安スマートウォッチにもユニークな機能が搭載されているものがありますので、

そういうスマートウォッチを探して遊んでみるのもいいかもしれないですね。

まとめ

applewatchにないユニークな機能がある場合がある

applewatchの1/10くらいの値段で購入可能

全体的な性能ではapplewatchには勝てない

というわけで最後まで御覧いただきありがとうございました。

試しに購入してみたいという方向けにリンクを張っておきますね。

結局applewatchのほうが良いじゃんと思ったかたはこちらからどうぞ笑

それではみなさん良いコスパライフを!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました