AppleWatchを外で充電するアイテム【注意点もあり】

ガジェット

今回はAppleWatchを外出先に持ち運びできるコンパクトな充電器の紹介です。

自己紹介

年間通販サイト100アイテム以上購入し、良いアイテムも悪いアイテムも世間に発信することを使命としてブログをやっているコスパ太郎

以前のAppleWatchを購入したらセットで購入すべきアイテムを記事にしましたが、

※以前の記事※AppleWatchを買ったらセットで購入したほうが良いアイテム9選

こちらの記事では、外出先では以下のようなアイテムがオススメと書きましたが、

よく考えると、内臓バッテリーである必要はないし

↑内臓バッテリーということは重量がそこそこある。

そもそもみなさん外出先で充電切れを心配してモバイルバッテリーを

常に持ち歩いている人が多いのではないでしょうか??

そこで今回はバッテリー無の単純なコンパクトな充電器を購入してみました。

充電器の外観・サイズ感

本体外観

充電部分が本体の半分程度と、いかにコンパクトであるか

これだけでもわかりますね。

念のため、AppleWatchとの大きさの比較もしておきましょう。

AppleWatchと比較

AppleWatchと比較してもコンパクトなのがよくわかりますね。

しかもこちらの充電器は、公称値ですが、重量が

驚異の46g!

イメージとしては単三乾電池2本分です。

バッテリー内臓式の充電池ではここまで軽くできないでしょう。

充電器の端子

充電器の端子

蓋を外すとUSB-A端子が出てきます。

蓋はそこそこしっかりハマるので、カバンの中で勝手に外れることはないくらいです。

ただし、蓋は外すと完全に分離するため、充電中の蓋の紛失には気を付けたほうがよさそうです。

充電器を使って実際に充電

実際に充電しているところ

手持ちのモバイルバッテリーを使用して充電してみました。

当たり前ですが、しっかり充電されています。

説明書には、Input 5V-1Aと表示されているので、

よほど昔の電流値が小さいモバイルバッテリーではない限り充電できるはずです。

念のため、モバイルバッテリーの電流量の確認方法ですが、

モバイルバッテリーのどこかに、出力 or Outputと表示された後に~Aと表示されているはずです。

この~Aがモバイルバッテリーの出力電流値になるので、この値が

1か、それより大きければ充電できます。

【注意点】モバイルバッテリーとの相性

もちろん電流値が足りていればどんなモバイルバッテリーで充電可能ですが、

端子部分での相性があります。

こちらの画像を見てください。

端子カバー付きのモバイルバッテリー

本体に端子カバーの付いているタイプのモバイルバッテリーですね。

この充電器はUSB端子がUSBメモリーや、USBケーブルのように先端が小さくないので、

端子カバーと干渉

こんな感じで端子カバーと干渉してしまいます。

もちろんカバーを無理やり押しのけて充電することも可能ですが、

端子カバーが破損することも考えられるのでオススメはしません。

実はこのモバイルバッテリー本来はもっと重要な機能があるのですが、

今回は省略します…

というわけでまとめです。

コンパクトで軽量

充電中の蓋の行方に注意

端子カバーがあるタイプのモバイルバッテリーとは相性が悪い

軽くてコンパクトなのは正義ですよね。

というわけで購入したい方はこちらからどうぞ

それではみなさん良いコスパライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました